数多くの特許に裏づけされた技術力と開発力の実績で、あなたにぴったりのメガネをご提供します。

2018-10-20 15:37:25
10/21(日)〜10/25(木)まで
「第31回 国際メガネ展 IOFT2018」に参加の為
休ませていただきます
10/26(金)から通常営業いたします
よろしくお願いいたします
2018-06-30 18:29:39
本日、福井駅前店近くの足羽神社にて「夏越の大祓」があり
行って来ました
「夏越の大祓」は、正月から6月までの半年間の罪穢(つみけがれ)を祓い、梅雨の時期に多い流行病や疫病にかからず、暑い夏を健康で暮らせるようにと、永い歴史の中で育まれてきた深い信仰と、云われのある慣ならわしによって、「アシ」で作られた「茅輪」をくぐることから、足羽神社では「わくぐり祭」と呼ばれ、古くより変わらずに伝えられてきている神事です。

「茅の輪(ちのわ)」
芽の輪の起源については「備後風土記逸文」に、善い行いをした蘇民将来(そみんしょうらい)が素盞鳴尊(すさのおのみこと)から「もしも疫病が流行したら、茅の輪を腰につけると免れる」といわれ、そのとおりにしたところ疫病から免れることができた、という故事にもとづいています.。

足羽神社の茅の輪は珍しいと言われていて、足元にもう一つあり(普通は縦の輪のみ)、池(横の輪)に入って滝(縦の輪)にうたれるという、禊(みそぎ)の形を表現していることから特殊神事に挙げられています。

茅(かや)と葦(あし)で作った大きな輪、茅の輪はそれをくぐることにより、疫病や罪・穢れが祓われるといわれています(茅の輪くぐり神事)。

茅の輪のくぐり方は、足元の輪の中に入り、小幣(こぬさ:自分の体を祓う茅で作った幣)を手に取り、古歌「みな月の夏越の祓する人は 千歳(ちとせ)の命(よはい)延ぶというなり」という歌を唱え、小幣でご自身の体を左・右・左と祓います。
次に茅の輪を左方向にくぐり抜けます。同じように和歌を唱え、身体を祓い、次は右方向にくぐり抜けます。最後に同じように左にくぐります。(左右左と8の字を書くようにくぐる)





茅の輪守り」は年末まで玄関先に飾ります

皆さんも、暑い夏を元気にお過ごしくださいsign01

 
2018-05-16 16:08:02
東京方面の大学に進学して帰省の際にメガネを購入
していただきました
「似合うメガネ・・・・」悩んで・・・・
小顔なので、やや小ぶりでリムが細めのセルフレームに
なりましたsign03
またのご来店をお待ちしております。



XL1178/GR  30,000円(税抜)

 
2018-03-17 18:39:16
市川海老蔵さんの福井公演をご覧になられた帰りに
綺麗すぎる薔薇の花束を持ってきてくださいました
素敵なお着物姿・・・
素敵な花束・・・・・
店内は一気に春cherryblossomになりました
いつも元気とパワーをいただいてますsign03
今日のお着物姿も最高でしたsign03
K様
有難うございましたheart02


2018-03-05 18:38:48
三寒四温・・・・春前の天候ですね
先日、福井市の高校で卒業式が行われ
本日から高校入試が行われ
新生活前ですねsign03
新たなスタートの時期です
メガネも新調してみませんか・・・・

紫外線も出始めてます
サングラスで対策をしてみてはいかがですか・・・・




皆様のご来店をお待ちして居ります

3/7(水)勝手ながら臨時休業させていただきます
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次ページ >>